野毛の酒処(居酒屋)「七福」桜木町駅から徒歩3分 日の出町駅から徒歩5分

横浜・野毛うなぎ・ふぐ料理 七福
横浜・野毛 七福携帯サイト

(株)丸山酒造場〜雪中梅本醸造〜 

蔵元のルーツは麹屋から発展しての酒造業で創業は明治27年

【雪中梅本醸造】
原料米 五百万石/トドロキ早生 (精米歩合 68% 日本酒度−3.0 酸度1.1 アルコール度 15〜16度

初期の銘柄は「玉菊」「白梅」でしたが昭和初期に「雪中梅」となりました。 蔵を背した里山の標高は約200メートル。頚城平野の田園風景が広がります。 当時、「雪中梅」は売れずに苦労されていたようです。


「雪中梅」という名前が野暮で「せっちんばい」(せっちんはトイレです)と 酷評を受けた時もあったようで、「福滝」という別銘柄の商標もあったそうです。 しかし昭和40〜50年にかけて「雪中梅」のお酒の評価はグングン上昇し 地元でも入手が困難なお酒になってしまいました。

この時代、お酒のタイプは異なれど、新潟には「越乃寒梅」石本省吾氏、 「雪中梅」丸山三郎次氏と2人の酒造りに憑りつかれた翁が存在した事は、 いつまでたっても語り継がれてゆく事でしょう。


県道「新井-柿崎線」から入った自然に恵まれた里山を背にし、この酒蔵は佇んでいます。 新設されたモダンな酒蔵はどこかフランスのワインシャトーをも髣髴させます。

周りに広がる田園風景もミレーの「晩鐘」を思わせるという人も多く、 この里山の自然の恵みが生んだ超軟水が雪中梅の源であります。


雪中梅の造りの基本は必要以上に高度な精米を施さないこと、そして「麹」にあります。 自動製麹装置は使用せず、蓋麹法(ふたこうじ)、箱麹法(はここうじ)で麹造りを行いって、 2トン仕込みできめ細かな酒造りを行っています。 製造石数からみた蔵人の数の多さが それを物語っております七福ではこの本醸造の方をお願いして多く頂いております。 「普通酒」と比較すると、軽いタイプの甘口になっております。

昭和47年の第11回全国清酒類調味食品品評会で1位・2位を独占して以来新潟の代表的な 銘酒として全国的にその実力が知れ渡りましたが、それ以前から地元でも入手し難いお酒と言われておりました。 先々代当主丸山三郎次氏が「地元の人に少量で満してもらえる美味しいお酒を」との思いで造りだされたのが、 「雪中梅普通酒」です。受け継がれた「甘口でコクがあり、まろやかで美味しい」酒質は、 キレの良さも加わり進化を遂げているといえましょう。



新潟三梅と称される3種のお酒を飲み比べて頂ける人気のセットです。


 雪中梅・峰の白梅・越乃寒梅 1,560円


 雪中梅・越乃寒梅 1,260円




>>日本酒メニューへ戻る

お勧めの一杯

お勧めの地酒を見る
七福がお勧めする一杯です。七福の料理と旨いお酒をお楽しみください。

ブログ:女将のささやき

人気メニュー

人気メニューを見る
七福の数あるメニューの中から人気の品、季節のお勧めを紹介します。

たまるとお得な判子札

今日の七福 特別編♪

北大路欣也様〜
北大路欣也様と記念撮影〜


今日の七福

今日の七福を見る
七福にみえたお客様の写真を掲載しています。

酒蔵見学日記
蔵見学日記を見る



読み物コーナー

うなぎの豆知識
うなぎの豆知識

ふぐの豆知識
ふぐの豆知識

イワシの豆知識
イワシの豆知識


うなぎの豆知識
日本酒の製法品質表示



営業時間:17時〜22時
(日により前後します)

日曜・祭日がお休みです
3月から10月までは
月曜もお休みになります